スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティターンズ。

そういえば、SRXに装着したチタンエキパイをレポしてなかったですね(汗
撮影日を見たら5月30日だってさ。

・・・すんまそん。

セル用チタンエキパイ
すでにNAGさんからノーマルタイプはおろか、サンパー用エキパイ&サイレンサーも発売になっています。
森雪号はtotoさんより譲り受けた、OVER製チタン2本出しが装着されていますんで、これでフルチタン化が完成!

フランジ集合部
フランジはNAGさんの削り出し。製造は鈴鹿のNobelさん。某有名マフラーメーカーの製造も請け負うが基本的にはワンオフ製作が前提のところを、永冶さんのオーダーで量産が実現したとのこと。
セル用の微妙なアールが美しく、溶接も非常にキレイ!
集合部が差し込みタイプではなく、精度の高い溶接仕様となっています。

内径比較覗いてみると
パイプ径はノーマルより1サイズ太く、肉厚も薄いため内径はかなり大きいです。集合部も溶接ビードが出っ張ったりすることなく、スムーズにつながっています。

ノーマル重量チタン重量
ノーマルエキパイは1,450g。一方チタンエキパイは750gで、約半分です!
早速装着を試みますが、OVERの差込口にエキパイが入りません!

差込を拡大アンダーカウル切削
OVERマフラーの接合部がバンドで締め付けられており微妙に内径が小さくなっていたため、仙人殿が丸棒材を使って拡げてくださいました。
そして、パイプ径が太くなってアンダーカウルが干渉する部分をリューターで削りました。

装着後
う?ん、美しい!!

チタン焼け
その後のたび重なる試乗会で、1ヵ月後にはこんな色になってしまいました(笑)
スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

爽快ダベリング。(その3)

みなさんの森雪号試乗インプレをお伺いしていますと、にえさんがGX750の試乗を勧めてくださいました。
にえさん
:これは教習車ですから。

うぅむ、にえさんのお言葉はちょっと意味深です。
お言葉に甘えてまずは跨ってみますと、シートが分厚くて当たりが柔らかく、グミの上に乗っているような感じがしました。
そしてポジションはYO'SHI~師匠のXJ900のステップを少し後ろにした感じ。 しかしエンジンをブリッピングすると、爽快号とは全然違います。 さりとて、パルス感が直接伝わる感じでもなくフラット。 走り出してもその印象は変わらず、速度感があまり無いわりにスピードが出ている感じ。
そして重量があるのに足回りが柔らかく、たっぷりしたストロークの上で車体の姿勢をコントロールするフィーリングが YO'SHI~師匠のXJ900に凄く良く似ています。
これが80年代のヤマハ車に共通するものなのでしょうか。 奥で回り込んだコーナーにぼんやりと入るとスピードが全然出ていなくても思ったより外に孕むような気がしてなかなか上手く乗れません。 そしてブレーキは非常に細身(に感じた)ブレーキレバーで、操作感とブレーキの利きの連携が良く、 微妙なコントロールがしやすい感じで車体とのマッチングは良好でした。
それにしても、基本に忠実なライディングが苦手(?)なワタシは80年代ヤマハ車に上手く乗れません。
YO'SHI~&にえ指導員から見きわめのハンコはもらえそうにありませんねぇ・・・。
ちなみにワタシの所有しているバイクは90年代ばっかりです。YO'SHI~師匠のGARAGE80(オッタンタ)に対抗してGARAGE90(ノヴァンタ)と名付けようかしらん?(笑)
s-DSCN8145.jpg
今回の交換試乗会で指摘された森雪号の問題は、フロント周りのガタとブレーキの効き、そしてサスセッティングですね。 自分では気づかない(慣れてしまっていた)問題も、他人の冷静な分析は気づかせてくれます。これから色々検証して対策を練っていきたいと思います。
交換試乗会はやっぱりイイですね! (ようやくおわり)

爽快ダベリング。(その2)

今更なんですが我が森雪号は、セル付きSRXにドゥカティの倒立フォークとNSRのプロアームを装着し、キャブはシングルFCR化。
KMさん自由なバイクいじりとその姿勢に触発されて、そしてお世話になって改造したこのマシン、正直オリジナルを無視したカッコ優先の改造と言えなくもない。 (KMさんのマシンは見た目がスゴイことになってるけど、乗ってみるとどれも良く出来てて面白いですが) 爽快チューンの趣旨に賛同しているYO'SHI~師匠ファンの中には、眉をひそめる方もいらっしゃるかもしれません。
s-DSCN8148.jpg
それなのにYO'SHI~師匠は嬉々として試乗。有難いことです。
s-DSCN8147.jpg
これは・・・、前より良うなっとる! ・こないだは強制開閉キャブを意識した開け方が必要だったんやけど、今はパカッと開けて付いてくるのを待っていられる。まるで負圧キャブのようやな。 ツインキャブはエンジニアの自己満足やったんちゃうか?
・着座位置が低い感じはのうなったなぁ。
・あとステップ換えたやろ?俺はもう、バー1本分ちょいくらい後ろのほうがええな。
・切り返しは途中までええけど、最後でフロントが振られるな。
SSさん、にえさん、箱つきさん、となかいさんにもご試乗いただきました。
・エンブレが気持ちエエ!
・FCRなのに負圧キャブみたいで扱いやすくパワフル!
と、エンジンは総じて高評価をいただきました。
一方ブレーキとサスは、問題点の指摘が多かったです。
・フロントブレーキは初期の効きが唐突やなぁ
・ステアリングにガタがあるんちゃう?
・車体姿勢が動的に後ろ下がりになっとる
・フロントもリアも初期は動くが奥まで入ると突然硬い!
あと、皆さんのインプレに共通するのは
・フロント・リアサスのスプリングレートを見直した方がええ
・オイル粘度下げたら?
など、経験に基づいた具体的な解決案が出てくることです。
s-DSCN8139.jpg
そしてその発言について、みんなでディスカッションが始まってしまう。
コレを濃ゆいと言わずして、何と形容できようか!!(笑) (つづく)

爽快ダベリング。(その1)

今回はyajiさんを案内人に、スペサルゲストの仙人殿を迎えて変態オヤジツーリング(別名:爽快ツーリング)in岐阜が開催されました。
自称、NAG広報のワタシとしては参加しない訳にいきません。 中部man3常連のひとりmoriさんとともに、コンプライアンスなペースで道の駅「星のふるさと藤橋」に向かいます。
予定通り10時過ぎ、藤橋に到着。ツーリングボードを見ますと、丁度これから木之本を出発だそうな。 本隊の到着まで普通なら1時間は掛かるでしょうが前回の様子から考えると想像以上に早くいらっしゃる可能性も否定できません(笑)
仙人殿徳山ダムまで廻ってくる?
ワタシまぁ、のんびりしましょうよ。
おや、ハリスカウルを付けたカッコイイドゥカティが来ましたよ?。いや、bimotaですか? なぜかライダーさんがこちらに向かって挨拶しています。

s-DSCN8150.jpg
SSさんでした。ワタシは面識がありませんでしたが、以前NAGさんでBUELLに内圧コントロールバルブを装着したんだそうな。
いったい、何台バイクを持ってらっしゃるんでしょうね??
そしてyajiさんをはじめ、YO'SHI~師匠ご一行が続々と登場!
早速、となかい&とべ豚ご夫妻は仙人殿にSRXのキャブセッティングを相談。
となかいさん中開度の巡航からアクセルを開けても、回転が引っかかってうまく加速しないことがあるんですよ。
s-DSCN8141.jpg
仙人殿はエンジンを掛けてブリッピング。 左手で加速ポンプのレバーを押さえて殺し、急開時のアクセルのツキをチェック。
仙人殿中開度が少し濃いんでクリップ1段上げ。加速ポンプは絞って。
ワタシ加速ポンプスペーサー、使います?
こんなこともあろうかと、スペアで持ってきてたのでした。 中間の厚みのヤツなんでまだ吐出量が多いかもしれませんが、自分の33Φで使用してたんで、まぁ問題無いでしょう。
s-DSCN8142.jpg
ギャラリーが見つめる中、となかいさんがキャブセッティング変更。
となかいさんは緊張されたようですが、SRXな方々にとっては日常茶飯事ですよね!(笑) そして、とべ豚さんが早速試乗します。
s-DSCN8144.jpg
とべない豚さんすごい!エンジンがどこまでもスムーズに廻るようになった!パワフルで恐いくらい!もう、別物!!
みんなの笑顔が、とべ豚さんの喜びを物語ってますね。 (つづく)

爽快ダベリング。(その0)

27日の土曜日、YO'SHI~師匠変態オヤジツーリング(別名:爽快ツーリング)に仙人殿の露払い役として参加してきました。 いつもの如く、文章を書きはじめたらどんどん拡がってしまい全然まとまりません。(やっぱり濃ゆかった!)
s-DSCN8140.jpg
とりあえずはこの写真で雰囲気は伝わるでしょうか? とべない豚さんが評した 変態オヤジどもの井戸端会議 言い得て妙ですね?! また少しづつアップしますんで、気長にお待ちください!
FC2カウンター
プロフィール

harabow

Author:harabow
はじめまして、harabowです。
趣味はバイクでSRX400改とR1-Zに乗っています。
車検切れのXJR1200も密かに保管中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。