スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試行錯誤。

たま?に、ライディングギアとしてのアイウェアはBIG MACHINE誌とかで取り上げられたりするんですが、 ワタシの眼は右が遠視で左が近視。しかも乱視が入っていてドライアイ気味とゆ?、厄介な状態。 眼が疲れてくると左右の視差が激しくなって焦点が合わなくなってしまいます。 その昔マスツーリング中にその状況に陥り、非常に恐ろしい思いをしたことがあるんで、こんなサングラスを試したこともあります。
s-DSCN6454.jpg
これはイタリアIRIDE社のBertoniブランドのサングラス。(デイトナ扱い) このモデル(D310B)は、典型的なスポーツグラスの形で防風効果が高く、ドライアイにやさしいのではないか?ということと、濃度の違う交換レンズが標準で付いていること、インナーフレームで度付きレンズが装着できることが決め手で購入。 レンズはもちろん、メガネのマキで入れてもらいました。
s-DSCN6458.jpg
ただ、ご主人が懸念されたとおり、ライディング中は上目遣いになることが多く、インナーフレームの枠やサングラス本体の枠が視界の妨げになり、目線を移動させると像の歪みが結構気になります。 それに何といっても、構造上インナーフレームがかなり瞼に接近することになり、 彫りの浅いワタシのような顔にはツライです。 たまに瞼とインナーフレームがぶつかって皮脂が付いてしまい見にくくなってしまったり、汗をかくと曇りやすかったりと、無視できない問題があったため、結局メインでの使用は中断。 今では眼があまり疲れていない時で風の巻き込みが気になるときに限って、サングラス本体のみで使用しています。 (インナーフレームは基本的に使用中止) なかなかアイウェアのインプレって書いてくれる人、居ないんですよね?。
スポンサーサイト

アイウエア。

じつはワタクシ、小学校に入る前から高校卒業までずっとメガネを掛けていまして、軽?いメガネコンプレックスを持ちつつも、妙に拘りがあったりして。 先日8耐に行った時、愛用のサングラスのネジが脱落してどっかに行ってしまったので、修理しに行きました。
s-DSCN6405.jpgここは名古屋の本山にある、メガネのマキさん。 ご主人はキックのSRXオーナーであったりもします。
お邪魔した時は丁度来客が続き、お忙しそうです。 ご主人:待っていただいてる間にこれでも読みますか?
s-DSCN6416.jpg
待ち時間にこんなものが出てくる眼鏡屋さんはココくらいでしょうwww。 (フツーの方には出ませんよ!)
s-DSCN6403.jpgサングラスのフレームは、鯖江の民生作。 ヘルメットで使用できるように、テンプルはストレートのままフィッティングしてもらってます。
ワタシ:そおいえば夜の運転用メガネを去年の8耐見に行ったときに落としちゃったんですよ?。良いフレームあります? ご主人:あ、それならこれはどうでしょ?
s-DSCN6438.jpg
出てきたフレームはMarkus.T。ドイツ若手デザイナーの手による逸品です。 ベータチタン製で非常に軽く、ロウ付けやネジを一切使用していません。そして何よりデザインがいい。
s-DSCN6437.jpg

s-DSCN6435.jpgs-DSCN6436.jpg
メガネケースは分厚いフェルト製。単純に見えて凝った造りです。バウハウス的(?)と申しましょうか、近年のアウディにも通じるようなシンプル&モダーンとでも言いましょうか。 こんなカッコイイフレーム、ちょっと気後れしちゃうなァ、なんて思いつつも衝動買いしてしまいました。
s-DSCN6404.jpgここは、ただお洒落なめがねを売っているだけでなく、フィッティング技術がすばらしく、メガネに対する愛情かひしひしと感じられるのがワタシのお気に入りポイント。

s-DSCN6428.jpg
ご主人:ちょっとシリコンチューブ入れていいですか?
s-DSCN6439.jpg数回試し掛けしつつ、各部を調整していきます。 最終的にはテンプルの曲げは、左右が非対称になりました。
フィット感は抜群です。
FC2カウンター
プロフィール

harabow

Author:harabow
はじめまして、harabowです。
趣味はバイクでSRX400改とR1-Zに乗っています。
車検切れのXJR1200も密かに保管中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。