スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DUCATI用IPCV回収の中間報告。

先日より、DUCATI用内圧コントロールバルブの不良品回収と原因対策、そして汎用内圧コントロールバルブの通常使用条件下における温度上昇の検証をレポートしてきたが、今回NAG SED様、カスノモーターサイクル様より、 バルブ回収の中間報告とお礼のお知らせ がありましたのでこちらでも紹介します。 http://www.casuno.com/whats_new/pop.php?no=20060627&mode=c をご参照ください。 回収がはじまって、約3週間のうちに回収率78%と、かなりのバルブが改修されたとのことです。 また今回の回収で バルブSTDに戻したため、改めて内圧コントロールバルブの恩恵を実感した! との報告や、 改修後のバルブを装着したところさらにフィーリングが良くなった! との報告もあるようです。 まだ回収&改修を行なわれていないユーザーは早急に回収に応じていただきたいと思います。 また、購入先に連絡しても対応ができていない方は、直接NAG SEDまで連絡していただきたいとの旨、永冶氏より連絡がありました。 (連絡先などは左記のリンクをご参照ください。) それと、今回の回収とは直接関係ありませんが、現行のブリーザータワーが付いているDUCATIにおいて、 汎用内圧コントロールバルブをSTDブリーザータワーと併用する事が出来るという誤った情報をうけ、汎用バルブを装着した方にトラブルが発生している とのこと。 (二重にバルブが付くことになり、クランクケースブリーザーからの脈動が遮られ内圧の抜けが悪くなると思われます。) 現在このような装着をされている方は早急に取り外していただきたいとのコメントもいただきましたので、ここに併記しておきます。
スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

harabow

Author:harabow
はじめまして、harabowです。
趣味はバイクでSRX400改とR1-Zに乗っています。
車検切れのXJR1200も密かに保管中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。