スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走行テスト。

今回はフォークオイルのアッシュ化に加え、タイヤ交換、ホイール交換、サスセッティング変更と、イジったところが多岐にわたるため、どれかひとつの要素だけを評価できないことを、はじめにお断りしておきます。ただ、すべてがプラスの方向に作用していることは間違いないと断言(!)できます。 ?????????????????????????? アッシュにオイル交換&フロント・リアのイニシャル&圧側ダンパーを変更したXJRのサスペンションは、非常に初期作動性が高く、スムーズな動きを示す。 サイドスタンドを立てて車体を寝かせたり立てたりすると、フロントサスが自重でスッ、スッ、と動くのが分かる。跨ったまま前後に揺すると、スムーズに同じだけ前後に動く感じで、まるでシーソーの上に乗っているようなフィーリング。 (同じくアッシュ化&サスセッティングを施した仙人殿のSRXは、エンジンをブリッピングさせるとフロントフォークが動きます!) 峠道ではどんな走りをするのか非常に楽しみであったが何かと都合がつかず、ようやく今日になって岩屋ダム方面へ持ち込むことができた。 まず走り出すと、Rの大きなところでは、軽く目線をイン側に向けるだけで曲がりはじめ、体重を掛けていくとセンターラインを跨いでしまいそうになる。 これは軽量ホイールによるジャイロ効果減少と相対的な高重心化、そしてタイヤの尖り気味なラウンド形状が影響しているように思われる。非常に軽快感があり、ハンドル幅が狭くなったようなフィーリングで車体が小さく感じる。 ただ大きなうねりは問題ないが、細かな目地段差や路面の荒れたところでは、ちょっと突き上げ感が気になる。 試しにフロントのイニシャルを1段、圧側ダンパーを1クリック抜いてみたところ、フロントの突き上げ感は減少したものの、グリップラバーが少し太くなったかのようにステアリングの手ごたえ感が増し、曲がりはじめでのフロント周りの応答性がダルくなってしまった。 リアタイア側に意識して荷重を掛けつつ車体を寝かせていかないと、曲がらない感じが強くなってしまった。 そこでリアのイニシャルも半段抜いて前後バランスをとってみたところ、これが大当たり。 前後タイヤの接地感をほどよく感じながらも、目線が揺すられることなく、それでいて旋回性も落ちていない。 意図するより回り込んでいく車体を起こしていくことで曲がり具合をコントロールできるので、よっぽど無謀なペースで走らない限り、恐怖心とはまったく無縁でいられる。
サーキットぢゃないから、フロントタイヤはフチまで接地しません。でもきれいに溶けています。ぢつは今まで峠道を走っても、なかなかここまでは接地しませんでした。なのに今回はナラシでこの状態。寝かそう寝かそうと頑張ってたのがバカみたい・・・。

画像のように、別に攻め込んで走ったわけではなくてもタイヤがきれいに接地していることがわかると思う。 また、よく曲がるから3桁以下のスピードで走る分にはブレーキを多用することなく、ほとんど4・5速のアクセルのオンオフだけで走れてしまうため、燃費が良くなってしまった。(まだ正式計測していないが、約170km走っても燃料計は半分近くを指している) 正直、これだけのフィーリングの(好)変化を味わってしまった後では、 今までの車体は故障していたと言えるんじゃないか!? とさえ感じてしまう。 まさに、”バイクはバランスの乗り物”を実感した次第であった。
スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

harabow

Author:harabow
はじめまして、harabowです。
趣味はバイクでSRX400改とR1-Zに乗っています。
車検切れのXJR1200も密かに保管中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。