スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8耐写真講座?

チームヨシムラスズキ、27年ぶりの優勝、おめでとうございます! 素晴らしいレースでした。 8耐はワタシにとって唯一、真剣に写真を撮るイベントです。(笑) 今回は趣向を変えて、今年の8耐撮影ポイントをご紹介してみようと思います。 ピットエリア
クラブヤマハのR1。イマドキのSSのなかでは一番デザインが好きですが、個人的にはOW-01とかR7の方が好きですね。40歳のタディ岡田選手。イトシン伊藤選手と共に、しぶとさを見せ付けてました。

モリワキの山口選手。気さくにサインに応えていました。ヨシムラといえばダンロップというイメージでしたが、知らない間にBSにチェンジしてたのね。

世界耐久出場チーム#16のパスカル選手。スイス人だけあって、はめてる時計がIWCっぽい。(もしかしたらSINNかも?)猛暑の8耐。R1も扇風機で涼んでます。初めて8耐を観戦される方には、ピットウォークに参加することをオススメします。
マシンやライダー、キャンギャルのおねぇさんを間近で見ることが出来、非常に楽しめます。
最終コーナー
おなじみ8耐のル・マン式スタート。本家ル・マンではもうやってないんだっけ?メインストレート方向に、8耐ならではのスタートを狙えます。最終コーナーの撮影はフェンスが間近に迫っておりなかなか難しいです。
シケイン(カシオトライアングル)
優勝の#34加賀山選手。ダイナミックなライディングを見せてくれます。#18の畠山選手。残念ながら転倒です。このあと無事コースに復帰しました。
低速で切り返すため、マシンとライダーのいろいろな表情が狙えます。コースに近いため撮影の難易度も低く感じます。 130R
#8世界耐久チームのマフ選手。ここは、いかにも高速コーナーなライディングフォームになります。高速130Rからシケインまでの区間は見晴らしの良い高台のスタンドから望むことができます。 でも撮影角度が限られており、距離もあるため望遠系の装備が必須です。
ヘアピンカーブ
#2チーム桜井ホンダの亀谷選手。このひともいつの間にかベテランの仲間入りですねぇ。ご存知、ベテランルーキーのノリック阿部選手。4ストではイマイチ戦績が残せないですね。

大活躍のタディ。トレーニングのおかげで現役時代に近い筋肉になったそうです。おみそれしました!低速コーナーなので、撮影は非常に簡単。また、コーナーが廻り込んでいるため、進入・コーナリング・立ち上がりがいろいろな角度から楽しめます。
200R(マッチャンシケインからの立ち上がり)
#778テクニカルスポーツの手島選手。ここは本当にフェンス間際をマシンが駆け抜けていくので、これが精一杯。フェンスがなければいい写真だったのに、残念。ムチャクチャマシンと近づくため、非常に迫力があります。 ただ2重フェンスが立ちはだかり、マシンとの距離も近いため流し撮りが難しく、撮影ポイントとしては適しません。でも頑張って撮ってみました。
スプーンカーブ
逆光で路面が光っている定番写真。本当はもっと絞ってマシンにもピントを来させたかったが、フェンス越しなので断念。来年の課題ですね。夕暮れ時をフル望遠で手持ち流し撮り。シャッタースピードは100分の1秒くらい。今回撮影した中でも、最も難易度が高かったです。

スプーンの進入。いい感じで2台が並んで、さらに縦位置。これも何気に難易度高し。本当はもっと早目から日没を狙えばよかったと反省。でも、この光でもなかなか雰囲気あるでしょ?マシンとの距離が離れており、超望遠が無いと撮影は難しいですが、コーナーを囲む通路・スタンドに高低差があり色々な角度から撮影できます。
そのため光の状態を選びやすく、夕暮れ時の印象的なカットを狙っても面白いです。
その他
オフィシャルのみなさま。お疲れ様です!カメラ小僧のみなさま。ワタシの仲間!!

ゴール寸前のメインストレート。なかなか雰囲気あります。ヒミツの場所から表彰台を撮影。感動的なヨシムラ優勝でありました。
もちろんコース以外でも色々な写真が狙えます。 え、こんな写真はどおでもいいって? ええ、どおせワタシはカメラ小僧ですよ! さぁ、みなさんも恥ずかしがらずに撮ってみましょう!
WIN-CHU SUZUKIの娘。非常に人気がありました。BSの女の子。独特の表情が○。

仮面ライダーチームの娘。モデルとしては不本意な表情かもしれませんが、いかにもポーズをつけたようなのは嫌いです。こういう自然な雰囲気がイイですね。

ワイズギアブースにて。こちらを向いているのか、微妙な目線がよろしい。スズキブースにて。逆光でハイキーな感じを狙ってみました。

BSブースにて。友人の一番のお気に入りでした。このバストアップのフレーミングが撮影者のイヤラシサを醸し出していると思います(笑)
おねぇちゃんを撮り続けていると飽きてきます。 目線をもらったカットより、タイミングを外した方が面白い表情になる場合もあります。

この子もなかなかの美人ちゃんなんですが・・・。こういう表情がなんともいえずイイですねぇ。
たとえばこんな具合に。
某自動車雑誌の写真みたいで・・・。何を狙ってるんだか・・・。

やはりマシンにピンが来ているのがミソ。こんなカットを狙いはじめたら、 もう末期症状ですね。 il||li _| ̄|○ il||li
あぁ、ボクもマシンになりたいっっ!
スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

harabow

Author:harabow
はじめまして、harabowです。
趣味はバイクでSRX400改とR1-Zに乗っています。
車検切れのXJR1200も密かに保管中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。