スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信頼性回復対策。(その5)

早速キャブを外してヘッドを覗くと・・・
s-DSCN5493.jpg
バルブ周りがガソリン浸しぢゃないですか!! ”このままセル回したらヤバかったね?。” はい、最悪の場合ヘッドを壊すところでした。とりあえずプラグを外してクランキング。ガソリンの量も少量で大事に至りませんでした。 早速キャブをばらして原因追求です。
s-DSCN5494.jpgs-DSCN5499.jpg
油面はとりあえず正常。フロートバルブはご覧の通り段付きがあるものの、この程度ではオーバーフローしないとのこと。(念のため部品発注はお願いしましたが。)続いてバルブシートを外してみますと、仙人殿が一言。 ”これじゃぁ、シールしないよね?。”

s-DSCN5502.jpg
はい、フロートバルブシートのOリングが劣化してました。弾力が全く残ってなく、簡単にちぎれてしまいます。このOリング交換でオーバーフローは解消しました。 たったこれだけで、最悪エンジンを壊す可能性があるんですね!くわばらくわばら。 さぁ、気を取り直して、キャブを組んで再始動ですよ? ・・・あれ?なんだかキャブに燃料が行ってないみたいです。悪さをするガソリンフィルターは外したんですけどねぇ。 仙人殿:”本当にガソリンコックは作動してるの?負圧パイプを吸ってみな。” ワタシ:”スゥ?・・・、うげぇ。ガス臭い!でもガソリンが出ませんよ?ここも2次空気吸ってるですか??”
s-DSCN5505.jpg
はい、コックをバラしてみると、穴の周囲のバリが悪さしてダイヤフラムがしっかり作動してなかったようです。” これまたオイルストーンで修正し、ようやく燃料系の問題は解消しましたが、これからがカチカチ山号の本領発揮。ヘッドの辺りから盛大にカチカチいってますよ?。 ”このまま乗ってると確実に壊れるよ。ヘッド下ろしてみな!” 仙人殿、マヂでつか??_| ̄|○
スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

harabow

Author:harabow
はじめまして、harabowです。
趣味はバイクでSRX400改とR1-Zに乗っています。
車検切れのXJR1200も密かに保管中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。