スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内圧コントロールバルブに興味を持ったわけ。

もともと私のXJRにはタイラレーシング製のマフラーを装着していた。 2本出しのスタイルにこだわり、形状からもノーマルマフラーに近い特性と考えチョイスしたのだが、装着直後のインプレッションは まるで耕運機みたい! というものであった。 (タイラレーシングさん、すいません。別に誹謗中傷しているわけではありません。ベストセッティングの出た現在も装着し続けています。念のため。)
XJR1200.jpg1?2番と3?4番がエンジン下部で連結し、センタースタンド基部付近の連結パイプで2本が繋がる形式であるが、実質4?2?2の構成。排気音もなんだか2気筒っぽい。 マフラーを交換する前に、輸出用FJのインシュレータを装着&エアボックス吸入ダクトを半分にカット&メインジェットを(#95から#110に)番手UPしていたのだが、マフラー交換後のフィーリングがあまりにも私には合わなかったため、さらにダイノジェット組み込みや吸入負圧同調調整、アイドルスクリュー調整、ニードルクリップ段数変更などノーマルキャブでできるセッティングを色々試みたが、イマイチ満足する仕様にはならなかった。 そんな折、モトメンテナンス60号などで紹介されていたクランクケース内圧コントロールバルブに興味を持ち、さらに永冶氏を(キャブ仙人として)知っていただけに、なんとかこのバイクが良くならないかと藁にもすがる思いでコンタクトを取り、装着に踏み切ったのが発端である。 永冶氏にメールを送ったところ、たまたま自宅が比較的近くだったこともあり、直接訪問しバルブを装着していただけることとなった。後日あらためてアポを取り、NAG SEDを訪問したのだが、初めて永冶さんとお会いした第一印象は とても飄々とした方 というもので、雑誌を見て感じていた気難しそうなイメージは見事に覆されたのであった。(つづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

harabow

Author:harabow
はじめまして、harabowです。
趣味はバイクでSRX400改とR1-Zに乗っています。
車検切れのXJR1200も密かに保管中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。