スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実走テスト。

とゆ?わけで、メーター+GPSロガーにギア比などの初期設定を行なって、実走テストに入りました。


とりあえず作動は確認しました。
しかし少なからず不具合も発生しました。
・途中でデータロガーの電源が切れてしまうことがある。
・DASH2のスピードメーターが動作しない。
・データログの遠隔作動スイッチが利かない。

電源については、エンジンクランキング時に電源が切れるようにしろ、って書いてあったんで汎用リレーをかませてたんだけど、どうやらこれが悪さをしていたよう。
1Aヒューズもかませてあるんで大丈夫だろう、ってことで直結しましたw

s-DSCN0408.jpg
スピードメーターはアクティブ製メーター用のセンサーを利用しているのですが、センサーは作動しているものの上手くパルスが入力されていない感じ。とりあえずGPSデータロガーのGPS車速を利用中。
ハッキリ言ってこちらの方がタイヤ外径に影響されず正確なんですが、GPSが受信できないトンネル内などでは車速を拾えないのが残念。

遠隔操作スイッチは接続ポート3番をGNDに落とすと作動って書いてあるのに、テスターでチェックしてみると、そもそも3番に電源が来ていないようです。もう少しいろいろ試してみます。とりあえずは本体の作動ボタンを押せば問題はありません。

s-DSCN0401.jpg
GPSアンテナの位置や、配線カプラーの保護処理なども含めて修正を行ない、10/17のデッドオアライドでは完璧なデータ取りを行う予定です。
お楽しみに?!
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

こ,これは

凄い!TPSも付いてるんですね。Gもリアルタイムで出るんでしょうか?(横Gがどういう風になるのか,興味がありますが....)

スパ西浦でも立体交差がありますが,殆ど一瞬で通り過ぎるにも関わらずデータ精度が一気に落ちてしまうのが難点で,複数のラップを比較するときに苦労してます。

さすが!

>ファイヤー様
データロガーを活用されているだけありますね!
今のところ、LNGがLongitudinal =加減速G、LATがLateral=横G、TPSがThrottle Position Sensor=スロットル開度となっています。
実際の横Gがどのように記録されるか、おそらくバンキング時に横Gが掛って、コーナリング時には縦Gに変わると思います。
とりあえず、サーキット走行前にテストでログを取ってみます。お楽しみに~!
FC2カウンター
プロフィール

harabow

Author:harabow
はじめまして、harabowです。
趣味はバイクでSRX400改とR1-Zに乗っています。
車検切れのXJR1200も密かに保管中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。