スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠者の蒼(Hermit Blue)号 その3

そしてエアボックスはRAM圧仕様に改造。
s-DSCN4013.jpgs-CIMG0863.jpg

s-CIMG0862.jpgノーマルの吸気口は塞ぎ、エアボックスの右側にTHE SIMPLE製のエアダクトを装着。 (右が初期型と左がその改良型。現在はさらに吸気口を拡大したものをテスト。非常に効果があるとのことです。SIMPLEさんのブログを参照ください。)

s-CIMG0768.jpgs-CIMG0770.jpg
エアボックスには過剰圧力を逃がすブローオフバルブを装着し、さらにRAMエアボックスとガソリンタンク、キャブレターのフロートチャンバー内圧を適正に保つためのRAM圧コントローラーを装着。 また、エア系統をRAMボックスと等圧にするための削り出しエアファンネルまで装着。
s-DSCN4409.jpgs-CIMG0924.jpg
RAM圧の積極利用は吸気抵抗を減らし充填効率を上げることが出来るが、キャブレター仕様の場合には変動する内圧が様々な不具合を引き起こすこともあり、現在では電磁ポンプで強制的に燃料を送り込むインジェクション仕様が当たり前となっている。 このRAM圧コントローラーは、まだキャブレター仕様の2stレーサーにRAMエア吸気システムが装着されはじめた98年頃に永冶さんが開発したもので、高速からの減速時に起こる不具合(エンジンで消費されないRAMエアボックス内の過剰圧力によるフロートチャンバー加圧とパイロットアウトレットからの燃料噴き出し、燃料タンク内の残圧によるオーバーフロー等)を解消するものである。 (つづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ちゃくちゃくと進化してますね~。
15年近く昔の話ですが、TZR250Rに自作でエアクリに穴あけてラム仕様に改造したのですが、全開時に焼きつかせて怖い目にあったことがあります。
そのとき、どうにかしてラム掛ってもBOX内の圧が一定上に上がらないようにリリーフバルブがつけられないものかと悩んで、リードバルブのような板を貼り付けたら・・・とか、何も知識のないド素人考えで、いろいろ悩んだのを思い出しました。
当時は、レーサーがどうなってるかなんて、全然しらなかったので、今思えば、アホなことやってたなぁって思いますねぇ。(笑)
さすが仙人、ちゃんとリリーフバルブを作ってたなんて。スゴイ!

御無沙汰しております。
最近ブログ再開致しましたw。
キャブ車へのRAM圧、夢のような話ですね。
しっかり食いついております(笑)。
この冬は内圧コントローラーもテストして見ようと思っております。
しかし、バイクって色々出来て楽しいですね。
改めて楽しさを感じております・・・

いろいろ立て込んでて更新できずすいません。
文章の概略は出来てるんですけど・・・。
せっかくSIMPLEさんからバトンを頂いたのに。
>査盆さま
ご無沙汰です~!
TZRのRAM化をチャレンジしていたですか!
今後レポしますが、XJR車検切れを機に隠し持ってた3XCを登録しました。2ストは面白いですねぇ。
また暖かくなったら遊びに来てくださいね!
>つるりんさま
こちらもご無沙汰です!
ブログ再開、チェックしてましたよ~!
KTMはご購入されなかったようですが、GSFのレポ楽しみにしてます。
内圧コントローラーも、ASHの番手変更も、つるりん様がどう感じられるか、ワクワクしてます!

をっ、珍しく書き込みが・・と思って、覗いてみると。
査盆様つるりん様、お久しゅうございます。
愛息はまじめに働いておりますでしょうか、もしグズルようなことがあれば、時々は風呂に入れて洗ってやってくださいね。

みなさま、
どうも冬になると、バイクをいじりたくなる衝動が止まりませんw。
実は、自分のGSFはカウル付きなので、油冷後期のGXR1100のようにカウル前端部からラムエアを導入出来ないだろうか・・と妄想しておりました。
初期型のR1000でサーキットを走っていたので、ラムエアの良さ(ストレートエンドの伸び)をGSFでも味わいたく・・
この冬は色々と妄想を膨らませてみようと思っております。
記事の続き、楽しみにしております!
FC2カウンター
プロフィール

harabow

Author:harabow
はじめまして、harabowです。
趣味はバイクでSRX400改とR1-Zに乗っています。
車検切れのXJR1200も密かに保管中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。